派遣の看護師になぜなるのか?

看護師といえば、病院で勤務するイメージがあるかと思いますが、看護師の職場は病院だけに限らず、介護施設や企業医務室、訪問介護ステーションなど様々な職場があります。

また、雇用形態に関しても、常勤だけではなく、非常勤やアルバイト、そしてイマドキの派遣という形態もあり、派遣看護師は増加傾向にあります。

では、なぜ派遣の看護師という雇用形態が注目を集めているのでしょうか?

どうして派遣という雇用形態を選んだのでしょうか?

看護師派遣のおススメサイトはこちら⇒http://www.supernurse.co.jp/

まず、派遣で働くというのは、決められた契約期間に常勤と同様の仕事内容で働くのですが、勤務時間が決められているという大きな相違点があります。

常勤の場合だと、残業があったり、休日出勤があったりということがありますが、派遣の看護師の場合は、決められた勤務時間のみの契約で、休日もしっかり休むことができます。

よって、自分の時間を守ることができます。

また、派遣の看護師は他の職種に比べると時給や日給がよく、派遣の仕事としては収入が多くなります。

ボーナスや昇給などはほとんどありませんが、場合によって収入が常勤の時と変わらないというケースもあります。

その他、派遣の看護師の場合は、契約期間のみの勤務となるので、職場の人間関係を割り切って付き合うこともできます。

派遣の看護師が増加傾向にあるのは、残業や休日出勤がなく自分の時間を確保できる上に、収入が良いなどのメリットが多いからです。